中心性漿液性脈絡網膜症(中心性網膜症)になってしまったら?


中心性漿液性網脈絡膜症

(以降、中心性網膜症)を

本気で!本気で!! 改善したい人だけ集まれ!



中心性漿液性脈絡網膜症になったらサプリで解決!


中心性網膜症でそんなに困っていない人には、

当サイトは役に立ちませんので、ご了承ください!





私自身は50代の男性。

常に時間に追われる、典型的な都会のサラリーマンです。

20年程前から、中心性網膜症を複数回発症しておりますが、


最初は真ん中が少し見にくい程度でした。
網膜に水が溜まって前が見えない





しかしながら、再発を繰り返した結果

これくらい見えないこともありました(T_T)
網膜の水ぶくれで前が見えない 重症



ここまで悪化すると視力が完全に回復しなくなります。

ですが、サプリメントで栄養補給すると、

早期に中心性網膜症を回復したり、予防したりできます。


視力を改善するサプリメント


中心性網膜症は失明する病気では無いですが、

長期に放置すると着実に視力は低下します。


重症な方も軽症な方も、サプリメントで対処して、

回復を早める必要があります。




中心性漿液性脈絡網膜症(中心性網膜症)になってしまったら?

−−− 目次 −−−

1.中心性網膜症の回復を速くする成分「ルテイン」

2.中心性網膜症の回復を速くする方法「十分な睡眠」法

3.中心性網膜症の改善が体感できた&できなかったもの集まれ

4.中心性網膜症の再発予防方法

5.再発予防法@ 「網膜に必要な栄養分を摂取する」

6.再発予防法A 「網膜をしっかり休ませる」

7.中心性網膜症を発症する時の生活パターン

8.中心性網膜症の医者での診断方法

9.医者での治療方法






ページトップへ


中心性網膜症の回復を速くする成分「ルテイン」


中心性網膜症の回復速度を速くする方法!

「とにかくルテイン摂取が重要!」




「ルテイン?」

ルテインは中心性網膜症が発生する網膜黄斑部に必要な色素。


ルテイン摂取が中心性網膜症回復の早道
マリーゴールド由来のルテイン


ルテインが不足すると、中心性網膜症が発症します。

1日にルテインを6〜10μg摂取すると、

中心性網膜症をはじめとした、様々な眼病が予防できます。


ほうれん草でルテイン補給


ルテインは緑黄色野菜で摂取できますが、

代表的なほうれん草でも200g程度必要で、

食事で毎日摂取するのは事実上難しいです(´・ω・`)



私もルテインを摂取するまでは

レーザー凝固で水を止めても、また再発&再発。

もう視力を失うしかないのか。。。

とあきらめていたのですが。



友人の医者からこっそりオススメされた

ルテインサプリを試した結果、


ビルベリープレミアムで中心性漿液性脈絡網膜症を改善


半年以上引かなかった水が、

10日くらいで「あれ?水が減っている」

もちろん、水が引いた後の視力回復も明らかに速くなります。



ルテインを飲み始めてから水漏れは再発したことがありません。


私が実際に飲んでいるのはビルベリープレミアムα


みやびのビルベリープレミアムには目に良い成分がたくさん


私がみやびの「ビルベリープレミアムα」を選ぶ理由は


・本当に中心性漿液性脈絡網膜症の改善が速くなったから!

・1,518円でスタートできるオトクなルテインサプリ

・ルテイン10mg含有

・アントシアニンや、目に良い成分が片っ端から入っているからです!



みやびの ビルベリープレミアムαを最安値で購入するなら公式サイトで。

私も公式サイトで購入しています。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://hc-refre.jp/lp/










ビルベリープレミアム以外の

ルテインサプリメントランキングは

こちらからどうぞ!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ルテインサプリメントランキング



ページトップへ


中心性網膜症の回復を速くする方法「十分な睡眠」


中心性網膜症を発症してしまったら、

「睡眠をしっかり取ること」も大事です。


ベッドでぐっすり眠って中心性漿液性脈絡網膜症改善



たとえ昼間に目を酷使しても、しっかり眠ることで目は休まります

さらに、眠っている間に新陳代謝も活発に行われ、

水漏れしている網膜の回復も早く
なります。



たっぷり眠ることで、明らかに回復速度が速くなります。

これ以上の治療法は無いと私は体感しています。

試しに土日だけでも10時間位眠ってみてください。

一気に視界が回復することも多々あります。



・・・とは言ったものの、

毎日ゆっくり眠るなんて夢のまた夢。

眠れないのがサラリーマンの辛いところ。



中心性網膜症の発症は「網膜の水ぶくれ=水漏れ」

から始まります。

その後、何もなければ2週間程で水は引きはじめ、

2〜3ヶ月もすると、視力はほぼ元通りになります。

そこからさらに2〜3ヶ月もすると、水漏れも再発しにくくなります。



しかしながら、漏れた直後や漏れが治った直後は

その部分は弱くなっており、

仮に水漏れが止まっても簡単に悪化してしまいます。

なのでこの段階で大事になるのは


・網膜にダメージを与えないこと


・網膜の再生を促進すること


この2点です。




ページトップへ


中心性網膜症の改善が体感できた&できなかったもの集まれ


これまで、中心性網膜症の回復には

「ルテイン摂取+毎日たくさん眠ること」

と説明してきましたが、

それ以外にも中心性網膜症に良いと言われる方法を紹介します。



1)サングラスでUVカット


サングラスで中心性網膜症予防を


中心性網膜症は網膜の疲弊から起きるものですから、

網膜にダメージを与えるUVをカットできれば、

良いことに間違いはありません。

特に春〜夏にかけて、外出時に意識的にサングラスを

かけてみましたが・・・特に体感はありません。

でもでも、網膜には優しくって良いのだと思います。

サングラスの詳細はこちら!




2)ブルーライトのカット


ブルーライトから網膜を保護


パソコンやスマホのブルーライトで網膜が疲弊すれば

中心性網膜症に良い訳はありませんよね。

ブルーライト用のメガネや、保護フィルムも試しました。

もちろん、目には優しいのでしょうけど、

特効的な感覚はありません。

結果的に私はF.luxというプログラムをパソコンにインストールしています。

夜になると青い光をカットしてくれます。

とりあえずインストールして、イヤならやめてください!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
f.lux




3)目薬


目薬で網膜保護できる?


疲れ目やドライアイ、炎症を抑えたりと、

何かと活躍する目薬。

市販の疲れ目用目薬や、清涼感のあるものを試しましたが、

中心性網膜症の回復には全く効果を感じませんでした。

だって、症状が出ているのは目の奥の方ですもんね。

疲れ目解消はもちろん良いことですが、

あまり中心性網膜症には関係が無いのでしょう。




4)亜鉛


亜鉛は網膜細胞を作る


亜鉛は網膜を形成する成分の一つ。

間違いなく十分な摂取が必要な成分です。

試しにDHCの亜鉛サプリを試したのですが、

中心性網膜症の体感はありませんでした。

1日あたり10mg摂取が推奨されていますが、

普通に食事をしていれば、

そんなに不足するものでも無いようですね。

亜鉛の詳細はこちら!




5)カロテン


カロテンの赤成分は網膜に有効


カロテンは網膜の形成に役立つとのこと。

カロテンといえば人参に代表される緑黄色野菜。

サプリではなく、野菜ジュースで補給してみました。

1日200mlくらいを1ヶ月程度継続しましたが、

中心性網膜症に体感はありませんでした。

カロテンの詳細はこちら!




6)ビタミンB


豚肉にはビタミンBがたっぷり


ビタミンB群は、視神経の働きを促した視力低下予防、

目の充血や眼精疲労の改善、

ピント調節機能や光量調節作用をサポートします。

DHCサプリなら200〜300円程度で

入手できますが・・・中心性網膜症での体感はありませんでした。

ビタミンBの詳細はこちら!




7)手や足のツボ、目の周辺マッサージ


目のマッサージで血流改善して網膜も回復


いずれも一時的な視力アップ効果は体感できます。

マッサージで目の血流を良くしたり、

ツボで疲れ目を緩和できたり。

ですが、中心性網膜症の回復速度には体感無しでした。





8)ブルーベリーの摂取


ブルーベリーのアントシアニン


疲れ目に効果のあるブルーベリー。

アントシアニンが視覚認識成分である

ロドプシンの働きを助けて、

目の働きをサポートしてくれます。

では、中心性網膜症に効果があるかというと

・・・特に感じるものはありませんでした。

ブルーベリー、アントシアニンの詳細はこちら!




9)DHAやEPAの摂取


DHAやEPAで血液サラサラ目の血流アップ


DHAやEPAは血液をサラサラにしてくれる

成分として有名です。

目の周辺の血流が上がれば、

網膜の代謝も良くなり、中心性網膜症にメリットある気がします。

・・・が、特に体感は無かったですね。

DHA・EPAの詳細はこちら!




10)メグスリノキ


メグスリノキは肝臓に良い


肝臓と目は関係が深いと言われています。

メグスリノキには肝臓に良い成分がたっぷりで、

中心性網膜症にもメリットありそうです。

メグスリノキのお茶をしばらく飲んでみましたが

特効的な感じは無かったですね。

メグスリノキの詳細はこちら!




11)アスタキサンチン


アスタキサンチンで網膜の抗酸化


アスタキサンチンはカニや鮭で摂取できる赤み成分。

素晴らしい抗酸化効果があり、

水晶体にも到達できる有効成分です。

ですが、こちらも即効性は無いようです。

1ヶ月ほど継続しましたが、

目立った改善はありませんでした。

アスタキサンチンの詳細はこちら!





特効性は無くても、継続するのは目に良いことです。

できる範囲で進めてみてください。



ページトップへ


中心性網膜症の再発予防方法


中心性網膜症は1回発症しても、

数ヶ月でもとに戻ることがほとんど
です。


その場合、わずかに後遺症が残る場合もありますが、

日常生活ではほぼ気にならないレベルに回復します。



中心性漿液性脈絡網膜症が再発した場合



しかし、残念ながら再発するケースが多いのも

中心性網膜症の特徴
です。



私自身も20年で10回は再発したと思います。


最初の数回は簡単に治ったのですが、

4〜5回目くらいの再発から、改善の速度が極端に遅くなりました。



更に悪いことには、

治りかけで再び水が漏れる繰り返しになってしまいました。




中心性漿液性脈絡網膜症を医者でレーザー治療した結果



最終的にはレーザーで漏れた部分を焼いて漏れは止まりましたが、

水が止まるまでに約2年かかったので、

視力は大幅に低下
してしまいました。



中心性網膜症が発症する前は1.5あった視力が、

水が止まっても完全には回復せず、

0.8で回復が終わってしまいました。

しかも、ゆがみや、色の薄さが残ってしまい、

日常生活に影響するほどではないですが、

細かいものを見たり、本を読んだりするには

支障が出るようになってしまいました。



中心性網膜症の発生を繰り返さなければ、

視力の低下は起きなかったと思われ、

非常に後悔しております。


屈折力検査


今でこそ「たくさん眠れば中心性網膜症は治る」ことがわかりましたが、

当時は何故再発するかもわかっていませんでした。


中心性網膜症の原因は「ストレス」くらいしか

知らず、特段の予防法もわからなかったので、

対策も打ちようがなかった
のが事実です。



いずれにしても再発を繰り返すのだけは避けなければなりません。

私のように、何回も再発して視力を落とすようなことはあってはなりません。

普段からよく寝て、しっかり目を休めて・・・

これさえできれば中心性網膜症を何度も再発することはありません。

ですが、そうはいかないのがサラリーマンの辛いところ。





であれば、やはり眠る以外の方法で、

中心性網膜症を予防する必要があります。




ページトップへ


再発予防法@ 「網膜に必要な栄養分を摂取する」


中心性網膜症の再発を予防する。


中心性漿液性脈絡網膜症を治療する方法


では、どうやって予防するか?ですが・・・

網膜の耐性を強くできれば、

水漏れが発生しにくくなると思いませんか?



体表面の皮膚は、常に刺激を与えれば、

皮膚がどんどん厚く、かつ強くなっていきます。


ですが、あれは皮膚の角質が厚くなっているだけです。

網膜ではそのようなことは起きませんし、

仮に網膜に角質のようなものができてしまえば、

視力は低下してしまいます。




では、どうすると良いでしょう?



まず、中心性網膜症を何度も再発する人は、

もともと網膜の耐性が弱い
と考えた方が良いです。

普段、皆と同じように生活をして、

皆と同じような食事を摂取していても

自分だけが発症してしまうわけですから。。。



・・・であれば、網膜に必要な栄養分を、

普通の人よりも、しっかりと摂取する必要があります。


気長な作業ですが、これしか方法はありません。



網膜形成に必要な成分とは

・ビタミン類

・ミネラル類

・亜鉛

・ルテイン





更に網膜の疲れを予防するものとして

・アントシアニン


があげられます。






ビタミン類ミネラル類は、

まんべんなく摂取するのが大事です。


緑黄色野菜でミネラルやビタミン補給をして中心性網膜症を撃退


そのためには緑黄色野菜を積極的に摂取したり、

マルチビタミンやマルチミネラルのサプリメント

を利用すると良いです。

ドラッグストアで安価に手に入りますね。


目に良いカロテンの詳細

ビタミンB単独もおすすめです




そして、亜鉛は海藻や貝類、


牡蠣で亜鉛を補給して中心性網膜症を改善


代表的なところではカキでしょうか。

これも、DHC等の一般的なサプリメントで

補給すれば良いです。


亜鉛と中心性網膜症の詳細はこちら!




そして、最も大事なのがルテインです。


マリーゴールドでルテイン補給して中心性網膜症を予防


これは網膜の黄斑部を形成する色素です。

1日にルテインを6〜10μg摂取すると、

白内障や加齢黄斑変性症といった眼病が予防できると行った

統計も出ているほどです。




ルテインを食事で摂取するには、

緑黄色野菜が良いと言われますが、

ルテインがたっぷり含まれるほうれん草なら、

毎日100g以上の摂取が必要となります。

・・・が、毎日摂取できるものではないですね(´・ω・`)

やはりここはサプリメントに頼るのが有効です。





それから、目の疲れを抑制するアントシアニン。


ブルーベリーに含まれるアントシアニンで中心性漿液性脈絡網膜症を予防


疲れ目対策として有名なブルーベリー。

ブルーベリーやビルベリーに含まれるアントシアニンは、

網膜の受光成分であるロドプシンの再合成を促し、

目の疲れを予防してくれます。

普段からアントシアニンを摂取することで、

網膜の疲れも少なくなり、

中心性網膜症の予防効果も期待できます。

ブルーベリーを毎日食べるのはなかなかに骨が折れますが、

これもサプリメントで簡単に継続することが出来ます。


アントシアニンの詳細はこちら




これらがまとめて摂取できるのは、

先程も紹介した「ビルベリープレミアムα」

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
みやびのビルベリープレミアムには目に良い成分がたくさん



これだけの成分を含んで、

たったの1,518円でスタートできます!(税込・送料無料)。



私もこのサプリを見つけるまでは、

メジャーなサプリメーカーの、ルテインやブルーベリー、

亜鉛、マルチミネラル等をそれぞれ購入していました。

そうすると、毎月5,000円くらいかかって大変でしたし、

しかも購入する手間も面倒でした。



それがたったの1,518円で購入できるのは本当にありがたい。

1日あたり、たったの50円!



ビルベリープレミアムαで中心性網膜症と決別しましょう!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://hc-refre.jp/lp/



ルテインサプリメントランキングはこちら!

アントシアニンサプリメントランキングはこちら!




ページトップへ


再発予防法A 「網膜をしっかり休ませる」


網膜をしっかり休ませるには、

方法は限られます。

・目をつぶる

・サングラスをかけてUVを阻止する

・よく眠る

あたりになってしまいます。

お酒やタバコは良くないといいますが、

直接的な影響は少ないと思います。



この辺は

発症中の対策@ 「網膜にダメージを与えない」

ぐっすり眠って中心性網膜症を改善

でもう少し具体的に紹介しているので、

そちらをご覧ください。



ページトップへ


中心性網膜症を発症する時の生活パターン



中心性網膜症は、主に片目だけに発症し、

視界の中心部が暗くなったり歪んだりして見えにくくなる病気
です。


20代から50代の人が発症しやすいですが、

そのうちの7割以上が30代〜40代と言われています。


働き盛りの男性が発病するケースが多い、中心性網膜症。

男性の発病率は女性の3〜6倍で、

圧倒的に男性が多いです。


女性の場合は、妊娠中に起きやすいと言われています。

比較的視力が良い人が発症しやすい傾向もあるようです。





中心性網膜症も十数回再発していると、

さすがに発生する時の法則が見えてきます。


中心性漿液性脈絡網膜症の改善方法や対策を考える


まず、中心性網膜症が発生する前は、

5つほどパターンがあります。


@仕事が忙しい


Aパソコンを長時間眺めていた


B眠りが浅い、もしくは短時間睡眠


C週末ついつい夜更かし


D目の運動をした後



まず、@「仕事が忙しい」

仕事が忙しいと中心性漿液性脈絡網膜症が発症しやすい

については、

これは年がら年中なので、

中心性網膜症との直接の因果関係は無いと思います。




次にA「パソコンを長時間眺めていた」

パソコンの見過ぎで中心性漿液性脈絡網膜症を発症してしまう

これも、最近はいっつもスマホを見ているので、

特筆すべきことではないと思います。


もっとも、網膜にはもちろん良くないことですが。。。






残る項目

B「眠りが浅い、もしくは短時間睡眠」

C「週末ついつい夜更かし」

睡眠不足が中心性漿液性脈絡網膜症を悪化させる

これらはいずれも「睡眠不足」です。

特に、週末に夜更かしをした時は

中心性網膜症の発症率が高い
です。

睡眠不足解消はこちら!



その理由は、平日ムリをして働いたあげくに、

週末も夜更かしで体や目を痛めつけているためですね。




また、中心性網膜症を一旦発症して、

視力が低下している時に夜更かしをすると、

ほぼ確実に症状が悪化します。



よって、睡眠不足が最も中心性網膜症には良くないことは

間違いありません。






何故視力が悪いのでしょう?


では、何故睡眠不足が中心性網膜症に良くないか?


起きている時間が長いことで、常に網膜は光を浴びます。

しかも夜更かしした場合は自然光ではなく、

人工光を長時間浴びることになります。

人工光は蛍光灯や、最近ではLEDも多いことでしょう。

更に我々の日常では必ず、テレビやパソコン、

スマホやタブレットを見ることになると思います。



スマートフォンで中心性漿液性脈絡網膜症が悪化する


これらには光の波長が短い「ブルーライト」が含まれます。

ブルーライトを浴びた網膜は疲弊します。

疲弊しきった網膜が水漏れをしてしまうのは必然です。

更にブルーライトやUVは活性酸素を発生して、

目の細胞を痛めつけるから最悪です。


ブルーライト対策はこちら!



また、「起きている時間が長い=目を開けている時間が長い」

ですから、目は休まることがなく常に働いています。

休むこと無く働いた網膜が悲鳴を上げるのは当然です。




以上、繰り返しになりますが、

中心性網膜症を発症させないためには

「睡眠をしっかり取ること」

が最も大事です。



D目の運動をした後

こちらは、視力回復の目の運動です。

ですが、私はこの運動の後に2回ほど中心性網膜症が発症したことがあります。

やめておいたほうが良い方法の一つです。

詳細はこちらでどうぞ





ページトップへ


中心性網膜症の医者での診断方法


中心性網膜症の診断方法について


中心性漿液性脈絡網膜症を医者で診断する


まず、中心性網膜症の具体的な症状として

・急激な視力低下

・目の中心部が見えにくい

・中心部が歪んで、ものが小さく見える

・少し視界が暗い感じがして、黄色っぽく見える

等があげられます。



これらの症状を眼科の先生に伝えると、通常は眼底検査を行います。

眼底検査で網膜が小さく剥がれ、水ぶくれのような状態が確認できます。

今は目の外側から撮影するだけで網膜の連続断面写真が撮影でき、

もちろん無痛、ノーリスクです。



この段階では、中心性網膜症か加齢黄斑変性症ということになります。

私の場合、初診は30歳前後だったので

「中心性網膜症(中心性漿液性脈絡網膜症)でしょう」

とのことでした。



それでも加齢黄斑変性症だと失明の恐れもあるので、

念のため蛍光眼底造影の検査を行いました。


その結果、蛍光眼底造影で水が漏れている部分が判明したので、

中心性漿液性脈絡網膜症と確定しました。




中心性漿液性脈絡網膜症の診断に蛍光剤の点滴


蛍光眼底造影は、まず点滴で血管に蛍光剤を流し込みます。

5分程度で完了します。

それから間もなく目の眼底の写真を撮影します。

(むちゃくちゃまぶしいです!)

撮影を始めてしばらくすると、

網膜の水が漏れている部分が光った写真が撮影されます。

そこから少しずつ蛍光剤が広がっていくのが観察されます。

蛍光剤が漏れていると、中心性漿液性脈絡網膜症と診断が確定します。





ページトップへ


医者での治療方法


中心性網膜症の主な原因としては、

・ストレス

・寝不足

・黄斑部のストレス蓄積(光のあたり過ぎ)

・ステロイドの副作用

・アレルギー

などが挙げられますが、

大抵の場合、はっきりした原因はわかりません。

また、明確な治療法も医者では無いのが現状です。。。




中心性漿液性脈絡網膜症の治療

この中心性漿液性脈絡網膜症ですが、

医者での治療法は大きく分けて2つです。

1つは、自然治癒を促進する方法

もう1つは、水の漏れている部分を焼いて止める方法です。



まずは自然治癒を促進する方法ですが、主に薬で行います。

毛細血管等の血流を良くする循環改善薬や、

止血剤等で水漏れを抑制するといったものが、

主な内服薬です。

個人差はありますが、水が止まるまで1週間から1ヶ月。

そして完治までなら、早くて2〜3ヶ月。

遅ければ半年はかかります。




次に水の漏れている部分を焼いて止める方法です。

こちらはレーザーで水漏れを止める方法になります。

一応ですが手術になります。

漏れている部分にレーザーを当てて水漏れを防ぐ方法や、

光に反応する薬を投薬して、弱いレーザーをあてて水漏れを抑える方法です。


こちらは水を止めるだけなら、早ければすぐにでも止まります。

ただ、レーザー治療法をする人は、そこそこ長引いている人でしょうから、

網膜の損傷も少なからず進行しており、

完治までは長い時間を必要とすると思われます。

また、焼いた部分の視力は戻らないので、

ごく僅かではありますが、

後遺症として見えない部分が残ってしまいます。


いくら名医でもこれを改善するのは難しいと思います。

有用な薬もありません。




・・・であれば、他の方法で中心性網膜症を

予防しなければなりません。



中心性網膜症を発症した場合の医者での治療法は、

毛細血管の血流改善の薬

血管強化剤(止血剤)

・タンパク分解酵素液(水ぶくれの吸収促進)

・ヨウ素製剤(網膜組織の新陳代謝アップ)

・アバスチン注射

・ステロイドでの治療法もあるようです

などがありますが、いずれも「回復速度を早める可能性がある」程度で、

明確な効果を感じることはできません。



短期的に治療するのであれば、やはりレーザー治療

なってしまいます。

が、焼いた部分の視力は失われてしまいますし、

漏れた部分が視界の中心である場合は、

レーザー治療は不可能です。



このように、明確な治療法は確立されていないのが実情です。






中心性漿液性脈絡網膜症の治療が完了

いずれにしても、理想的な治療とはいい難い方法ですよね。

このことからも私自身は、医者に頼るよりも、

毎日しっかり休んで目をいたわり、

更にサプリメントで網膜を良い状態に保つのが理想的と考えます。




少し余談にはなりますが、中心性網膜症の人は、

加齢黄斑変性症も発症しやすいのだそうです。

加齢黄斑変性症の予防にはルテインが有効で、

これもサプリメントでの摂取が望ましいです。


オススメのルテインサプリはこちらでチェック!

ページトップへ

中心性網膜症発症中の対策は?
発症中の対策@ 「網膜にダメージを与えない」
発症中の対策A 「網膜の再生を促進すること」
自然治癒、投薬の体験談〜中心性網膜症医者での治療方法〜
レーザー治療の体験談〜中心性網膜症医者での治療方法〜
中心性網膜症のサプリメントランキング
網膜の疲れを予防するアントシアニンサプリメントのランキング
ぐっすり眠って中心性網膜症を改善。睡眠サプリメントランキング
中心性網膜症の再発を防ぐルテイン サプリメントランキング
中心性網膜症の回復を促す DHA、EPAサプリメントランキング
メグスリノキで目の疲れ予防。中心性網膜症にもオススメ!
アスタキサンチンの抗酸化力で中心性網膜症を予防
カロテン摂取で粘膜強化。網膜もケアして中心性網膜症を改善!
ビタミンBで目の疲れを解消!しっかり摂取して中心性網膜症対策!
亜鉛の摂取で網膜を健康に。中心性網膜症対策の必須事項!
中心性網膜症の対策一覧。サプリメント以外の対策は?
サングラスで強い光やUVをカット。中心性網膜症対策の基本!
ブルーライトをカットして、目と網膜を保護しよう!
中心性網膜症で困った経験談
自動車の運転免許証取得・更新に必要な視力の基準は?簡単視力アップ法!
中心性網膜症が悪化した方法
目の運動、目の体操で水漏れ発生

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

QRコード

FX業者